室生寺 鎧坂 (2009)

c0198227_1074032.jpg




カラーと同じ露出でモノクロを撮ることは殆ど無い。

モノクロで重要なのは、ハイライトとシャドウ。そしてその中間トーンである。

(当たり前ですねw)

自分の撮るモノクロというのは、ハイライトが必ず存在する。

陰鬱だけな暗いトーンのモノクロが好きではないからだ。

全体的にアンダーな写真であっても、どこかにヌケの良い部分が欲しい。

そこがバランスであり、全体がアンダーに陥ってしまうと写真にリズムが無くなってしまうのだ。

しかし、これはあくまで私の主観であり、そうでなければならないという事ではない。

人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/22151685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HarQ | 2014-05-23 10:13 | Monochrome | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。