薔薇を撮る(その3)

c0198227_2365495.jpg

FUJIFILM X-T1  -> FUJIFILM
Carl Zeiss Touit 2.8/50M  -> Carl Zeiss



いい具合に光のあたっている白い薔薇を見つける。

花の真上から画角いっぱいにフレーミングする。

できれば端から光が入ってくる様にする。

シャープネスは+1

ノイズリダクションは+2

シャドウは-2

ハイライトは-2

WBはオートで、ブルー+、マゼンダ+

フィルムシミュレーションは Astia

露出は適度(笑)

絞りはF8くらい。

で、こんな感じになります。

人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/22113078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by CorekazMIC at 2014-05-13 03:19
花の写真は苦手なんですが、こういうアプローチで撮られると素直に心動かされます。題材を選ばない腕前は、重々承知していたものの流石ですね。
Commented by HarQ at 2014-05-26 17:53
★CorekazMICさん
 描写性能に頼る撮り方とも言えます(笑)
by HarQ | 2014-05-12 23:12 | Plant | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。