ポピーさん 2014.2.26

c0198227_1813997.jpg

FUJIFILM X-T1  -> FUJIFILM
FUJINON XF 56mm F1.2 R  -> FUJIFILM



F1.2開放の描写です。

フィルムシミュレーションは、PROVIAでカスタム設定して

Highlight Shadow ともに+1で、COLOR は-1。

新しい X-T1 と XF 56mm F1.2R の組み合わせ。

感じる違和感は、バッテリーグリップを装着した時のダイアル操作がめんどくさい事。

縦構図の時に、露出補正をグリップ側のダイアルでやりたくなる。

いちいちボディ側の露出補正ダイアルを動かさないといけないので、ちょいと使いにくい。

クラシックな操作性と、最新カメラの操作性のどっちが上かというと、

ハッキリ言って、撮影中の操作に関しては最新カメラの操作性のほうが上である。

X-T1は、どっちつかずのボディであるが故に、違和感を伴う操作性となる。

X-Pro1やX-E2ではまったく問題にならない部分である。

NIKON Dfの様に、露出補正に1/3ポジションを設けて、

コマンドダイヤルによる変更が可能なようにして欲しかった。


人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/21736861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Matsumoto at 2014-02-26 22:22 x
せっかくのダブルコマンドダイヤルですからね(^^;
でも少し癖が有る方が楽しいし愛着沸きますよね♪
僕はヤヤコシイほど好きになるんです(^_-)
Commented by HarQ at 2014-02-27 11:57
★Matsumotoさん
 文句言ってますけど。かなり気に入ってます(笑)
 みなさん絶賛ばかりなので、しっかり言うことは言おうと。
by HarQ | 2014-02-26 18:13 | Diary | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。