真は何処にありや

c0198227_18202229.jpg

FUJIFILM X-M1  -> FUJIFILM
FUJINON XC16-50mmF3.5-5.6 OIS  -> FUJIFILM



写真が真であることは稀である。

特にモデル撮影された写真においてそうである事が多い。

写真は真であるように見えるが故に、誤魔化されやすいものでもある。

虚実は明解な様で、わかりにくいものである。

長いものに巻かれているようでは目が濁るだけである。


人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。



Adobe Photoshop / Lightroom はこちらへ

 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/21313792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Matsumoto at 2013-12-29 21:59 x
『真』とは唯一、自分の目に写るモノだと思っています
とある方が、『虚を見抜くのは容易いが、真実と見抜き確信する事は、非常に難しく真実を知った者しか出来ない』と云われておりました。
どう表現するかは、自由だと思うが真実と語る事はすでに虚だと思います
自分の目で見た真実を大切にしたいと思って精進します。
HarQさんを見習って(^_-)
Commented by HarQ at 2013-12-30 20:58
★Matsumotoさん
 コメントありがとうございます^^
by HarQ | 2013-12-29 18:25 | Monochrome | Trackback | Comments(2)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。