奈良の街を歩く

c0198227_2153333.jpg

FUJIFILM X-E1
Carl Zeiss Touit 1.8/32



奈良の街の商店街などを歩いてると、

飛び交う言葉は中国語と韓国語が多い事に気づく。

いったいどこの国なんだろうと錯覚すらしそうになる。

以前と違って、服装も大して変わらない。

よく見かけた、大声を出す様な下品な行動を取る方々も見なくなった。

それにしても、

かの国々は、日本を煙たがっている様にしか見えないが、

その実、観光客はニコニコして日本を訪れている。

いったい、どっちの顔が本当なんだろうね?




HarQのおすすめ商品♪

人気ブログランキングへ ← ランキングに参加中!よかったらクリックしてやって下さい。
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/20403625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Matsumoto at 2013-06-22 21:16 x
どこへ行っても見かける様になりましたね・・
ガメツイ・遠慮と言う言葉も文化も無いのかと思ってしまいます

一度、奈良の町をゆっくり歩いてみたいと思いました(^^v
Commented by harq at 2013-06-23 13:51
★Matsumotoさん
 コメントありがとうございます^^
Commented by もときち at 2013-06-24 22:02 x
こんばんわ  この写真を観てると・・・
ヒョイとカメラを担いで街に出たくなります。
さらに フィルムで撮ってみたい衝動に駆られます 
いい色合いです 32mm。。。酔ったかな?w
Commented by harq at 2013-06-24 23:29
★もときちさん
 是非、カメラ担いで出かけましょう^^
by harq | 2013-06-22 21:11 | Snap | Trackback | Comments(4)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer