割を食う

c0198227_12361047.jpg

SIGMA DP1s


のんびり自宅で過ごそうと思ってた矢先、顧客からトラブルの電話(汗)

とりあえず客先へ。。。

案の定、私の納品したシステムではなく、その上流のシステムのバグが原因。

こっちのシステムは、5年以上トラブルゼロで走り続けているし、リエントラント思想

を徹底的に実現しているから心配は全く無い。

しかし、上流のシステムが自己チェックすら出来ない作りだから割を食うのは常にこっちである。

自分がミスをする可能性を排除してしまうのはとても危険だという事だ。

原発では当たり前のようにミスがない事を前提にしているようだが、、、、、



HarQのおすすめ商品♪
作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/17671551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masabike at 2012-03-17 07:43
砂漠ではトラブルが出たことを前提で機材の選択、車の選択しています。あと健康管理も
Commented by harq at 2012-03-17 11:23
■相原さん
 失ったタイミングは取り戻せないですし、命に関わる事だとそれ以上ですね。
Commented by あらかん♂ at 2012-03-17 21:16 x
品管の問題ですね。市場でテストする企業が増えていますね。
デバッグを重要視する品管、ここが企業の命ですね。
ソユーズがスペースシャトルよりも安全面で世界信用を克ち得ている。

顧客を大事にする、それは企業にとっての最終で究極の結論です。
Commented by harq at 2012-03-18 12:57
■あらかんさん
 品質を上げることは、結局、安く上がるんですよ。
 本質的コストを考えれば当然の結論ですが、みなさん目先しか見なくなってるんです。
by harq | 2012-03-16 12:43 | Diary | Trackback | Comments(4)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。一応 FUJIFILM X-Photographer