2012.3.11

あの日から、一年が経過した。

直接被災していない私たちにとっては短く、

直接被災している方々にとっては長い一年だったように思います。

福島原発の事がなければ、既に復興に向けて大きく進んだ一年になったでしょう。


昨夜、TVで復興支援をテーマにお笑いタレントが番組に出演していた。

茶化すな的な非難もたくさんあったのだろうが、

それじゃ「自粛、自粛」と騒いでいた愚者と同じ。

人の非難をしているだけで何もしない人種だ。

気に入らなければ無視すればいい。


被災地域以外の都道府県での震災がれき受け入れが進まない。

受け入れ反対している方々は放射能を大義名分に掲げている。

ならば、福島原発近隣のがれきはともかく、そうではない地域のがれきは受け入れるのがスジだ。

それが、「苦しいときはお互い様」という事だ。美麗字句ではなく、心で理解しなければならない。


悲しいかな、私は直接的に復興支援は出来ていない。

義援金という手段のみでしか復興支援出来ていない。

私にとっては大金だが、微々たるモノでしかないのはよくわかっている。

どうか、被災された方々が益々前向きに進んで行ける2年目となるようにお祈りします。

決して忘れることはありませんから。

2012.3.11
[PR]
by harq | 2012-03-11 16:57

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。