麦畑とピント調整

SDIM0167

SIGMA DP1x  写真をクリックすると拡大できます。



シグマSAマウントの3本のレンズすべてでピントが微妙に合わない SD15。

合わないというのは表現として問題か。微妙にずれます。

せっかくのFOVEONの解像感もピントがずれてると意味がありません。


そして、ピント調整の為、ボディとレンズ3本ひっくるめてカスタマサービスへ、本日付で旅立ちました。

10日~14日ほどかかるとのことですので、しばらくSD15はお預けです(汗)

3本とも前ピンの様でしたので、問題はSD15の方にあるのかもしれません。

マニュアルで合わせれば完璧に合いますし、AFの微調整というところでしょう。

誤差範囲というものがついて回る以上、位相差AFというのは素早いフォーカシングではありますが、

ピントの確実性という面ではコントラストAFには及びません。

レンズ側の誤差もありますし、お互いに反対方向に「誤差の範囲内」でずれていれば、合焦精度が

悪い。という事になるそうです。

ちなみに、シグマさんではピント調整は無料との事です。


-----

作品?写真ブログ → Naturea Photography もよろしく~♪
[PR]
トラックバックURL : http://harq.exblog.jp/tb/16495075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by harq | 2011-06-20 18:22 | Landscape | Trackback | Comments(0)

写真家ヤマグチハルク(山口晴久)の写真日記と時々作品。FUJIFILM公式 X-Photographer やっとります。